ちょこの日記

備忘録。星野みなみさんと大園桃子さん。

乃木坂に悔いはない

 

 

こんばんは。

 

 

 

 

 

 

 

前向きな決断ではありますが、ファンとしては寂しいニュースがいくつか飛び込んでくる時期でしたね。

七瀬の卒業、若月の卒業。

 

 

 

 

僕はただただ、驚きでした。

若月なんかは

乃木坂に居ながらもずっと多忙を極めるんじゃないかなとか

 

 

 

 

七瀬なんかは

今やnon-noでは五大モデルとして人気を博しており、乃木坂でも真ん中。ドラマもチョイ役から主演含め結構出て、このままずーっと居るような、

なんなら、2人は1期生で見送る側の子なのかなって勝手に思ってました。

 

ニュースでの報道なので真意は分かりませんが、七瀬は今後は女優さんとのこと。

若月も演技でしょう。

 

 

 

七瀬はあさひなぐ電影少女が大きかったのかなぁ…

一年前から話してたらしいですが、あさひなぐはちょうど去年のこの時期。電影少女も放送は年末でしたが撮影はきっとその時期。

 

 

 

 

 

 

んー、やっぱり

演じるって魅力があるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛鳥ちゃんの映画も今週公開ですが、演技楽しいみたいなこと言ってましたし、しーさんも演技に興味があると雑誌のインタビューでありましたね。

若月なんかは演技の方でズンズンと進んでいったメンバーですし。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ7年も自分の素をさらけ出して、活動しているとそういう世界はなお新鮮なんだろうなと思いますね。憧れがあるのかなぁ、最近多いですよねモデルさんが演技の世界に入ること。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの「悔いはない」ですが、七瀬が10/1の乃木坂工事中で言っていたこと。

例え、「non-noモデルの」西野七瀬が好きでも、「演じてる」西野七瀬が好きでも、始まりは「乃木坂46の」西野七瀬であって。そのグループに未練がないと言ってくれたなら、ファンとしては笑顔で送り出すしかないんじゃないかな。

 

 

今日の樋口日奈さんのブログにも書いてましたが、そりゃあ同期が卒業を決めれば否が応でも意識はしますよね。樋口さんは

まだまだファンの人と見たい景色がある!

と公言されてましたが、

今年は既に

生駒里奈

相楽伊織

斎藤ちはる

西野七瀬

若月佑美

の5人が去った訳で。うち1期生は4人。年齢的にもそう長くはないはず。アイドルで人生終わりませんからね、この世界続けたり結婚を望んだりありますよ。

 

 

ただ、きっとまだ残ってるメンバーは乃木坂としてやりたいことがある、やりたいから居てくれるんだと思うんです。そう思いたいんです。

 

 

 

個別免除組が...とか不遇だ...とかスキャンダルが...とか目を背けたいが為の理由付けは今の多忙な乃木坂「様」にはいくらでもできます。それだけ世間の目を引くだけのアイコンですから。

 

 

 

 

ただ僕はいてくれるメンバーが追いかけてる夢を実現させてく様を応援したい。アイドルである以上、年齢関係なく幅広くまだ挑むことができるはず。

生田絵梨花さんが広げたミュージカルという道、白石麻衣さんが広げたモデルという道、生駒里奈さんが広げたバラエティという道、若月佑美さん(をはじめとする面々)が広げた演技の道。

 

 

 

 

僕はこんなに多岐に渡る活躍をしてくれるグループを好きでいたお陰で趣味が広がりました。楽しいです。だから感謝しかないんです。

淋しさはあるに決まってます、ただそれ以上にアイドルやってくれて有難う位の面持ちでいます。あんなに才能あって可愛い子達をどんな形であれ応援できたから。

 

 

 

 

だから、乃木坂を土台にして巣立った人たちが別の肩書きを背負って活躍してる姿を見たい。僕はだいぶ前向きに捉えることができてきてます。

 

 

 

 

推しの人からしたら綺麗事だって蹴散らされるんですかね…笑

でも僕も今回の発表で考えました、星野みなみちゃんが卒業を発表したら、どうなるのかって。多分めちゃめちゃ応援するんですよ。

(家では死ぬほど悲しんで...ですが笑)

自分の推しが乃木坂を離れる時に悔いはないって言ってくれたら本望じゃない?違うかな。

それは、その「来るべき時」までの悔いのない期間の間に会えてる(はず)だから。

まだ大学生で大した稼ぎもないけど、なるだけ会いに言って話してるし、その時々の感情がある。(これも備忘録として使ってるし)

念頭に置いてるのが

 

 

 

 

 

 

「いつ会えなくなるか、分からない」

「だから、会えるうちに会っておく」

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ。

ここまでの人気じゃなかった頃も、今の爆発的人気も知ってるからこそ、やっぱり会える時間をいつまでも尊びて大事にしようって。

みなみちゃんと共有できる時間を1秒でも多く、その為なら何でもしますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22枚目、素敵なシングルになりますように。